楽天内広告で、楽天担当者にエコヒイキされる方法

楽天オヤジだ。

俺が、楽天で毎月30万円の広告を出し続けるのには理由があると言ったが、その理由は一つだ。

 

楽天担当者に優遇してもらえるからだ(爆)

 

これはマジな話だ。

これを読んでくれている方も楽天ショップ関係者だと思う。楽天担当者は楽天の売上げを上げるのが仕事。楽天の売上げで一番嬉しいのはなにか?

それは加盟店の売上に関係なく利益でドンと入ってくる広告収入だ。

だから、楽天担当者はこっちの都合はおかまいなしに(苦笑)ガンガン楽天広告の出稿をオススメしてくる。

逆に言えば、

こちらがどんどん毎月楽天内広告を出していればどうなるか?というと、まず間違いなく「追加の広告をどんどんおススメしてくる」。

 

で、そうしているうちに楽天担当者からしてみれば、

「広告を頻繁に出してくれる良いショップオーナー」

という評価に変わってくる。

もちろんこの「良い」というのは担当者の売上げに貢献してくれるという意味で「良い」であり、決して俺の店舗の成長性とかを評価してくれてわけではない。

 

ただ、担当者が積極的に広告を進めてくると何が起きるかというと、

特別枠

という広告を提案してくれる。

 

例えば、楽天ゴールド会員のみがアクセスできるページに広告を出せる権利だ。

プライベートセールなどで成果報酬型10%型広告なども提案してくれる。

基本的に楽天の広告はバナー広告か楽天内検索上位のSEOがメインだが、この場合は完璧に前者のバナー広告だ。

 

ここはジャンルごとに12枠しかないがこのうち◎◎枠案内してくれたりする。(★社外秘だと判断したww)

 

もちろんここもお金がボンボン出て行く事に変わりはないが、ゴールド会員というそもそもお買い物が好きなお客様が大量に自社ショップに来てくれる目玉枠は実にありがたい。

ちょっとたとえは違うかもしれないが、沢山の人が間違いなく見る事が分かってくれるゴールデン番組に流されるテレビCMみたいなものだ。

これが大きいのだ。

楽天担当者えこひいきされるというのも変な話だが、広告を沢山出してくれるショップに良い広告枠が回ってくるのは当然の事。

楽天担当者も人間だ。

うまく関係強化を図るべきだと俺は考えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す