楽天ショップに集客する方法⑤:ポスティング

楽天オヤジだ。

楽天ショップに集客する方法と書くと俺がインターネットが得意なんじゃないかと思っている人もいるかもしれないが、そんなことはない。

ねっからのアナログ派である。

実は、俺の楽天ショップはいわゆるオフラインと呼ばれる、紙媒体からの集客も得意なのだ。

まずその一つがポスティングだ。

そう、マンションとかふつうの一般市民宅にチラシを封入していくあれだ。

これが実は、地味に効果がある。売れるのだ。

なぜかというと、ライバルがいないからだ。

まさか楽天ショップ運営社でポスティングをやっている人はいないだろう(笑)

そもそもリアルのショップでの売上が物足りないから楽天ショップをスタートした人たちがほとんだだろうから。

では、具体的にポスティングチラシで「何」を販売するのか?

答えは「QRコード」を使って「無料メール講座」に登録させるということだ。

例えば、私が楽天で販売している健康系のサプリメント。

こういう文面を書く。

======

楽天ショップ開業3周年記念。
累計販売戸数1万個突破!

【地域限定】無料○○情報、
メール配信スタートします!

1通目「蒸しタオルで3万円クリーム相当の効果を上げる方法」
2通目「100円ショップのあるものを使って赤ちゃん肌になろう」 

ネットで支持されたからこそ、
ご近所さまにも喜んで頂けると思います。

======

こんな感じをチラシで書くといい。

そしてキンコーズで印刷して、
ポスティング業者に配らせるといい。

俺が言うのも何だが、

楽天の広告に40万円使うならば、
こちらのポスティングを研究した方が直接的な効果は高い(爆)
もちろんあえて楽天内広告に出すのには意味がある。

1万部出して10人でもメール登録があれば、それは貴重な新規顧客だ。
その10人に最初は全く売れないかもしれない。

でも、その10人に情報(非セールス)を届けてファンにしていく道筋を作る事ができれば、
まさにそこはブルーオーシャンであり、あなただけの独占市場となる。

いま、ネット市場は、CPAいわゆる一人の顧客を獲得するコストがどんどん上がってきています。

いっときスマホPPCが流行りましたがアレも結局、一瞬の空白市場だったわけです。
スマホサイトを作りさえすればOKだなんてそんなことはありません。

だってPPC広告を売っている会社はボタン一つでスマホ向けにも広告を出せるわけです。
ブルーオーシャンに見えた市場はあっという間に赤く染まってしまうのです。

だから、

楽天ショップを運営していながら非ネットから新規を取るという
逆転の発想は、まさに重要なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す