楽天ショップに集客する方法②:twitter

楽天オヤジだ。

今日はtwitterで集客する方法について語ろう。

このブログにたどりつく人はおそらくtwitterのアカウントを持っているに違いない。

ただ、ウマく活用できている人はほとんどいないだろう。

このツイッターなかなかクセモノだ。

なぜかというと、つぶやき放題だからだ。

つまり、楽天の集客に使おうと思った瞬間に使い方を誤ってしまうのだ。

「今月のオススメ商品はこちら!⇒リンク」

といきなりセールスしてしまうのだ。

あなたも思い当たる節がありませんか?

そう、実はtwitterを集客しようとすると、みんなこの「セールス情報を配信しなきゃ!」という欲望に駆られてしまい、自滅してしまう。

ここでも俺は、師匠に怒られた。

師匠「twitterって何ですか?」

おれ「はい、つぶやきツールです。」

師匠「twitterはつぶやきツールですか?」

おれ「違うんでしょうか?」

師匠「。。。」

おれ「えっと。。。(まずい怒っている)」

師匠「つぶやいている人は誰ですか?」

おれ「えっ?」

師匠「twitterでつぶやいているのはロボットですか?」

おれ「い、いえ、違います、人間です。」

師匠「あなたは、twitterで毎日セールス情報しかつぶやかない人を好んでフォローしますか?」

おれ「いえ。すぐ解除すると思います。」

師匠「ではどんなひとなら継続的にフォローしたいと思いますか?」

おれ「発言が面白い人。」

師匠「そうですね。」

おれ「色々な気づきをくれる人」

師匠「他には?」

おれ「あとは、ダルビッシュとか孫さんみたいな有名人でしょうか?」

師匠「はい。そうですね。」

おれ「発言を面白く、気づきがある、有名人になればいい」

師匠「はいそうです。頑張って下さい。」

おれ「は、はい」

またまた、師匠に教えられてしまった。

twitterは結局、人間関係の構築なのだ。

当然セールスばかりしてくる人間は評価されないし、すぐにフォロー解除される。

大切な事は「面白い事を発信できる人間になる」という事だ。

この思考は、まさに「テレビを見ろ!」で説明した通りに情報通になっていないといけない。今何が流行っているのか?的確に把握しているから流行を押さえつつ面白い事が言える。

ネタ思考にならないといけないし、どう自社の商品をオモシロおかしく表現できるか?ということを絶えず勉強しながら発信していかないといけない。

逆に言えば、発言がオモシロければ、すぐにフォロワー数は1万人を超える。

自分の事をおもしろがってくれる1万人の仲間が出来たならば、その時に満を持してメッセージを発信していけばいいだろう。

twitterを使っているのも人。

そして

facebookを使っているのも人。

期待に応える人物になり、そのメディアで有名人になる事だ。

そうすれば、セールスなんて後からいくらでも出来るし、「twitterのみんなだけのお知らせ!」という企画も出てくるだろう。

目的は、売上ではない。

ファン作りだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す